危険なことを知ってから使おう

不快感を与えない言葉遣い

気軽にSNSでコミュニケーションを取れるので、くだけた口調で相手と会話することがあると思います。
親しい関係ならそれでも問題ないかもしれませんが、言葉のすれ違いによって相手を傷つけることがあります。
SNSはメッセージを送り合って、コミュニケーションを取ります。
自分は冗談のつもりで言っても、相手は本気でとらえてしまうかもしれません。

相手がいじめられたと感じて、精神的なショックを与えることが考えられます。
余計なトラブルを起こさないためには、言葉遣いを意識することが重要です。
相手にメッセージを送る前に、誤解を与えない文面になっているかチェックしましょう。
丁寧な言葉遣いを意識していれば、トラブルは起こりません。

知らない人と関わる時に注意する

知っている人だけでなく、知らない人とSNSでコミュニケーションを取ることがあるでしょう。
それ自体は構いませんが、自分の個人情報を教えすぎないように気をつけてください。
電話番号や住所、本名を教えると、急に自宅に突入されることがあります。
相手が危険な人物だったら事件に巻き込まれるかもしれません。

SNSを悪用して相手の住所を聞き出し、嫌がらせをする人がいます。
会ったことのない人は、どのような人物なのか分かりません。
良い人に見えても、実は危ない人物だったというケースがあります。
知らない人とSNSで関わる時は、個人情報は極力教えないことを守ってください。
個人情報を知られると、どこで悪用されるか分からないので危険です。


良いことばかりでないことを知ろう

この記事をシェアする